塗れば塗るほどキレイになれるなんて嘘

Filed in スキンケア 塗れば塗るほどキレイになれるなんて嘘 はコメントを受け付けていません。

化粧をしたらした分だけ塗れば塗るほどキレイになれるなんて嘘なんです。

メイクはやり過ぎて良いことなんてありませんよね。

1年1年と年を取り、メイクを勉強するうちにようやくそれを理解できました。

厚化粧をすれば美しく見えるというのは「違うニュアンスで」なんです。

例えば夜のお店で働いている女の人は薄暗い照明の中にいるからどぎついメイクでもきれいに見えます。

お店から外に出て明るい照明の下に行けば粗が目立ってしまいます。

暗いライトの下にいるのでどんどんメイクが濃くなるのです。

日中お仕事をして昼間に出かけている女性はなるべく薄っすらメイクがよい。

ファンデーションは特に厚くしてしまうと時間が経過するとヨレます。

ヨレヨレのベースメイクくらい恥ずかしいものはありません。

ヨレヨレのベースにもかかわらずアイラインはしっかりツケマツゲも付けリップもベッタリと・・・。

これじゃあバケモノです。

メイクはひき算しなくては駄目です。

足し算ばかりでは老けて見られがちです。

私が美容について努力している事、というのは、「姿勢を正しくする」という事です。

美容と姿勢って関係あるの?思いもよらない組みあわせの様に思われますが、少し前に、ウォーキング指導者の話を聞きその中で、姿勢がよくないというだけで老けて見えてしまう。

という話を聞きました。

先生が、姿勢がいい時と悪い時で歩いてみてくれましたが、それだけの違いで、10~20位の違いが出てる!と思うような差でした。

そしてさらに、「正しい姿勢じゃないと、顔や首にもしわができてしまう」とも仰られました。

首筋、顏といったところも、体に繋がっているので、姿勢が悪くなってどこかが弛んでしまった時に、シワになります。

そういったことを聞いたので姿勢に気をつけたところ、以前気になっていたしわが薄くなったような気がします。

それからは、背筋に気をつけて、正しい姿勢でいるようにしています。

湿度が低い季節は、どれほど化粧水などで乾燥を防ごうとしても、少しだけ肌がカサついてしまう。

湿気を多くすればこの問題は片付くのですが、加湿器とかスチーマーとか買いたいけどお金が必要だしちょっと面倒。

なので、寝室の湿度を上げる為にあえて洗濯物を部屋干しすることにしました。

これを実行しただけなのに肌の乾燥がかなり改善できて感動した。

たくさんの洗濯物を干さなくても、インナーや陰干しするものを夜に洗濯をして部屋につり下げておけば十分。

タオルやシーツは日光に当てた方がパリッと乾くし、いっぺんに室内に干すと洗濯物が生乾きになるので、一晩に干す洗濯物の量は少なめの方がいいです。

それに、室内に干してもいいものだけを室内の加湿用に利用すれば、屋外に干せる日の洗濯物が少なくなって効率的です。

湿度の低い時期って天気もすぐれない日が続いて、なかなか外干しができないのよね。

部屋干し加湿、お肌の保湿ケアにお勧めです。

当然化粧水・美容液・乳液での保湿をしっかりした上ででないと肌の乾燥は防げないので忘れずに!

スキンケアで特に考慮している事は、皮ふの乾燥具合です。

肌が乾燥すると、荒れて粉っぽくなってくるし、小じわなども目に付くようになります。

シワの中でも、自分は「法令線」が気になってきました。

肌のお手入れをしっかりしていなかったため、いつの間にかすっかり出来上がっていたんです。

それに焦ったわたしは、オイル状の美容液で美容マッサージをしたり、顔パックを施したりと肌のお手入れを重視しています。

乾燥肌対策にあたしが用いているものは、オイル美容液です。

いつもはごく僅かな量を塗るだけですが、美顔マッサージのときには500円大を手にとって惜しみなく利用してます。

それから、念入りに顔マッサージをし、美容オイルの持つ成分を素肌に浸透させます。

そのままでは肌がベタベタするので、蒸しタオルなどで押さえますが、こういったマッサージをし出してからというもの、保湿力がアップした気がします。

法令線も悪目立ちしなくなってきたようです。

お肌がピチピチしてきて、ハリ感があります。

バスタイム後にすると、効き目が出やすいようです。

刺激は全身を若返らせる為に必要

Filed in スキンケア 刺激は全身を若返らせる為に必要 はコメントを受け付けていません。

テレビ番組を楽しむのはほどほどにしてなるたけ外出するようにしています。

自発的に外に出かけないと老けて見られてしまう為です。

家の中に籠ってばかりではいいことありませんよね・・・。

安全なのは間違いないです。

けれども、安心安全な生活では刺激を受けることがありません。

刺激は全身を若返らせる為に必要です。

日々の生活で刺激を受けていないと知らないうちに年齢が上がっていてびっくりしてしまいます。

いつも同じ生活をしているとそんな事が起こりやすくなります。

日々変化のない仕事をして同じ様に会社を出ていつもの道を通って自宅に帰る…という繰り返しをしているだけだと老けるのは早いです。

時々は他の仕事をしてみたり家に帰る途中に入った事がないお店に行ってみたり、刺激を受ける何かをするのも必要だと思います。

そうしたことが美容にも繋がってくるので、できれば外に出てこれまで知らなかった事を気に留めるようにしているのです。

簡単にできる事ですが意外と有効だと思います。

きれいな肌や綺麗なかみの毛を保持する為に気を付けていることは、いろいろとあるけれど、とりわけ自身の体調に何よりも関係性があるものとして、「老廃物」を排出させるという事に重点をおいています。

そもそも、私の場合便秘が続くとお肌に問題が発生してきて顔の色も僅かに明るさを失います。

近ごろ、快便だという女の人は少数だと耳にしますが、私は日毎「老廃物」をちゃんと排出するように気を付けています。

先ずは、「食」に神経を使っていて、ブレックファーストは食べる気になりにくくても整腸作用がある物や「ビフィズス菌入り」のヨーグルトなどを摂取するようにしてます。

それから繊維質の食材も多く口にします。

よくやるのはキウイやパイナップルそして無糖ヨーグルトをドリンク状にしシリアルとふりかけて摂り入れてます。

それを口にするとたいがい腸が活性化します。

その他には適度な運動をするということ。

朝ごはんを食べた後は半時間くらい軽めのストレッチを行っています。

これでいつもはのばせない範囲までスジを大きくのばせ、腸の働きが活発になります。

「老廃物」を取り除く事を目指し習慣にしているものですが、スキンケアにもなっているみたいで、実年齢よりも下に間違われるなんてこともあります。

美容はスキンケアも大切なのですが。

体の内側から美しくしていくことがいちばん効果があると思っています。

ビタミンCやコラーゲンなどの、美肌効果の高いものをしっかりと摂取します。

フルーツを食べた場合ビタミンCを摂ることが出来ます。

またここ最近はコラーゲンの鍋などもあるし、ドリンクなどでもコラーゲンを手軽に摂取できます。

冬はとくに鍋を食べることが多くなります。

コラーゲンの摂れる鶏肉を入れて、そのつゆでお野菜を頂きます。

便通も良くなりますし、カロリーを抑えることが出来ます。

ピリ辛の鍋であれば、汗をかくことが出来るので体内の老廃物が排出されます。

しっかりと毛穴が開いた状態で汗をしっかりだすことで美肌の為になるのではないでしょうか。

それと豆腐も美容に良いので、お豆腐もたくさん食べるといいと思います。

食事面以外に、夜は必ずメイクを流す事を怠らないようにしないといけません。

メイクオフしないまま寝ると肌が衰えると言われています。

帰宅したらとにかくメイクを落とすように努めるのが良いかもしれません。

お肌をしっかりと休めることが大事ですよね。

ツヤのあるお肌にするなら水分を補うことが大切

Filed in スキンケア ツヤのあるお肌にするなら水分を補うことが大切 はコメントを受け付けていません。

キレイな肌と言って思い付くのは、艶のあるお肌だと思います。

ツヤのあるお肌にするなら水分を補うことが大切です。

朝と夜に洗顔すると思いますが、洗顔後にはまず化粧水や乳液などをつけますよね。

ただ塗って終わりじゃなく、お肌に浸透させるように両手で顔を包み込むようにすると確実に保湿される感じがします。

あたしがやっているお手入れ方法は、保湿成分の含まれた美容液洗顔料を使うことです。

朝に洗顔をする時に肌に染みていくようにくるくる回すように洗っていきます。

それからぬるま湯で落として水滴を拭きます。

洗顔美容液を使うと普段以上に潤いが増してお肌が乾燥しません。

美容液なので泡立ちもなく、それほど洗浄効果は強くありませんが、肌が乾燥しがちだと思う朝や、顔色が悪いと感じる時に使うと潤いがあって若々しいお肌になります。

いつも使用している美容液だけを使う場合とでは幾分変わると思います。

肌ケアをするときに保湿は重要です。

カサついた肌のままよりも保湿されたきれいな肌のほうが見ていて印象が良くなると思います。

毎朝、基礎化粧品をつける時、クリームとかをベタベタ塗ってしまうと、メイクが崩れるイメージがありそうですが、そのようなことはありません。

きちんとスキンケアされることにより、保湿効果もあり、過剰に皮脂も分泌されないので、むしろメイクが崩れにくくなるのです。

毎朝のスキンケアで大事なことは、次にあげる二つです。

まず一つ目は、化粧水をしっかり浸透させてお肌に潤いを与えることです。

おすすめのやり方は、ローションの前に導入液を使うことです。

導入液を使用すると、ローションがよくしみ込んで、使用しない時より早く浸透してくれます。

なのでゆっくり化粧水を浸透させる時間が足りない朝には、ブースターを使うのがオススメです。

さらにもう一つは、ローションをつけた後に美容液やクリームを使って終わらせることです。

初めにも言ったのですが、化粧崩れは肌が水分を失うことで水分を補給しようと、油分が必要以上に分泌してしまうことが原因です。

ですのでローションで終らせるのではなく、美容液やクリームを使い、確実に保湿をしてあげることが大切です。

だけどこのときに、余分な皮脂などはティッシュペーパーでオフすることを必ずして下さい。

しっかりと潤いを与えることがその日一日しっかりお肌を保護してくれるので、朝のスキンケアはかなり重要です。

三十半ばになり、お肌の毛穴自体がホントに目立つようになりました。

現在ではスマホのカメラもハイパフォーマンスで、ズームアップすると頬っぺたの「毛穴」が目をそらしたくなるほど。

涙型みたいな毛穴の広がりで、ネットでチェックしたら加齢肌でハリ感が無くなっているということらしいです。

そう言えば、肌の老化対策など関心がなかった25~29歳の時代。

そのしっぺ返しが、この様に明白にでるなんて衝撃でした。

肌の老化対策には保湿性が大切みたいなので、即座に、保湿性の高い化粧水を使用することにしました。

オイル状の美容液を使い始めたのも、肌の老化防止のためなのです。

それから、慣習的にフェイスマスクでケアする事にしました。

じっくりと湯船に入りながらの美容パックです。

入浴中に顔パックを施すと、パックシートがカサカサにならず最後まで潤ったままパックできます。

近ごろは、手持ちの化粧水で「パック」を行ってますが、入浴後もしっとりとしています。

ローションの浸透率もアップしてるみたいなので、おフロタイムの美容パックは週3ペースで行っています。

某メーカーのビューティカウンセラーに聞いた洗顔のこと

Filed in スキンケア 某メーカーのビューティカウンセラーに聞いた洗顔のこと はコメントを受け付けていません。

30代になってからなのですが、少し値段の高いクレンジング料と、洗顔料を使ってみました。

それまでずっとコンビニとかにも置いてある700円前後でどこでも買えるようなクレンジング、洗顔料だったのですが、某メーカーのビューティカウンセラーに聞いたことが、クレンジング料と洗顔石鹸を変えれば肌のハリ、透明感が変わるよ、、と。

そして、試してみたのですが、高いだけあります!

高くてもったいないからメイクを落とすついでに、顔のマッサージもやってしまいます!

化粧品にはお金かけてるけど、クレンジング料、洗顔料は安いものを…という方にお勧めです!

肌の明るさや張りが自分でも驚くほどわかるのです!それとフェイスマッサージ!

わたくしはリンパマッサージの本を買ってマッサージを行っています。

お顔だけでなく、腕や脚など体中のリンパを隅々までマッサージをしていくと、血行も良くなるし、顔の色艶も良くなって、浮腫みが出ることも無くなります!

化粧品は高価なもの、マッサージは自分自身で!(笑)

リンパの流れが滞ると血のめぐりも、悪くなるので、自分でお風呂で全身のマッサージがオススメです。

美肌の為に注意していることはよく眠ることです。

睡眠をとらないと体の調子も悪くなりその上肌もガサガサになってしまいます。

翌朝の化粧のりにもかなり影響が出ます。

まずはなるべく夜の9時には寝室に行くようにしています。

寝室にはスマホは持って行かない。

携帯電話を持つとだらだらと携帯を見てしまうのでなかなか睡眠に入れません。

9時頃に横になり遅くも十時までには寝ます。

10時過ぎは「お肌のゴールデンタイム」だと教えてもらったので実践しています。

それと寝る体勢は脚を心臓より高くなるようにして寝ています。

むくまないようにするためです。

顔を下に向けて眠ると顔がゆがんでシワができたりしてしまうのであおむけで眠っています。

睡眠時でも常に美肌に気を遣って眠ります。

朝の5時には起き出して最初に窓を開けて軽く体を動かして日光を浴びています。

そして起きたら少しずつ白湯を飲みます。

こうしただけでも体が熱くなって新陳代謝がよくなります。

眠るときもいつでも美肌を意識するとしないとでは明日の朝の体調に違いがあります。

わたしは昨年、体をこわして緊急入院をし、その後も自宅にて安静に過ごす期間が長いことありました。

一ヶ月近くだったと思います。

激しい運動等はやらない方がいいと医師から言われていたため、家事も必要なことだけにして安静を保つようにしていました。

これも仕方のないことでした。

だけど、安静にして過ごしている間に、お肌の状態がイマイチだなと思うことが多くなりました。

青白いような顔色で冴えないうえにニキビがあちこちに出来たのです。

こんなことは今までになくて、体をあまり動かさないので基礎代謝が低いという以外に思い当たることがありませんでした。

安静の時期も終わり、以前みたいにスポーツジム通いやランニングを始めると、顔色は健康的になり吹出物も消えてきました。

思っていたように運動不足が原因でした。

これを経験してから、適度に体を動かすことを日常的にするように以前以上に心がけるようにしました。

体を動かすこととお肌は大いに関連があると感じます。

汗を流して基礎代謝をよくすることは非常に大切なのですね。

学生時代から「手」がおばあちゃんみたいで…

Filed in スキンケア 学生時代から「手」がおばあちゃんみたいで… はコメントを受け付けていません。

「手」って思いのほか人に見られていますよね。

あたしは学生時代から「手」がおばあちゃんみたいで悩みのタネでした。

両手が綺麗な人を見るといつも憧れを抱いていました。

それこそ小まめにクリームもつけているしそのアイテムだって評価の高いものを使用してきたつもりです。

・・・何にも変わらないんですよね。

ですが、この間ピンときたことがありました。

「フェイシャルケアにはローションを使ってから乳液とかを伸ばしているけど、ハンドケアには専用のクリームしかつけていない。

ワタシの「両手」ってもしかして保湿力がないのかも知れない」タイミング的に肌に合う良い美容ローションを使用し始めたところだったのでその化粧水を両手にも塗り込んでみようと思ったんです。

顔周りをはたいた後の残り物を伸ばすのではなく、手指の為にローションを用いるのです。

やってみると、何気に水分があっという間に肌の奥に行き渡っていくかんじがして嬉しくなり、さらに重ねて塗ったりしています。

それをやってから、最終的に専用のクリームを使うのです。

未だ開始して数週間ですが、すごく調子がいいです。

「こんな単純な事にどうしてすぐピンとこなかったんだろう」と開眼した気分です。

気軽に行える事なので、このまま一日二回のハンドケアとして続けていきたいです。

毎日バタバタしていてエステティックに通う時間がなくても、食事や美容体操、リンパマッサージ等、自分で行える事は幾つもあります。

第一に、食べ物は極端に食事量は減らさずに、ベジファーストを守ることでダイエットにつながります。

あと、健康にいい「味噌汁」はなるべく飲むようにしています。

ただし、「味噌汁」を作った時には水なんかを飲んじゃうと胃の働きが鈍るので、食べながら飲まないようにしています。

更には、野菜ジュースなどをストックしておいて急いでいるような時などは摂取したりしています。

仕事場でも、出来るだけ飲み物を飲むようにし、体内からの乾燥防止に励んでいます。

ストレートジュースや乳酸菌飲料なんかを愛飲しています。

遅くまで仕事をしているので帰宅してからもバタバタとしているんですが、足ツボボードを活用して、ドライヤーをかけながら、足裏をマッサージしたり、バスタイムにはつま先の方からふくらはぎへ向って血流を押し上げるように足マッサージをして血のめぐりを改善して一日の「疲れ」をリセットしています。

私が綺麗になる為に実行しているのは、バランスの良いごはんを食べるってこと。

コレって、土台になるものだと考えています。

例えば、値の張る化粧水などでケアしていてもクレンジングのやり方が正しくなかったり、脂質の多い食品ばかりを食べすぎていたら無意味ですよね。

なので、基礎化粧品のパフォーマンスを最大に活用する為にも栄養バランスに気を遣っています。

ポイントは摂取量に気をつけること。

やり始めは空腹感に襲われて苦痛に感じるかも知れませんが、頑張っていけばどんどんとそれで満足出来るようになるので安心して下さい。

それどころか、これまでより少ない量でも平気になっているという事で自分に自信もついてきます。

それから、ベジタブルをたっぷり摂るのも大切なことです。

極力オーガニック野菜を買うようにしています。

ちょっと高いのでそこが難点ではあるのですが、無農薬野菜にはしっかりとした美味しさがあります。

元々野菜好きではなかったのですが、キチンと旨みがあるベジタブルを食べれば美味しく食べることができます。

お野菜に含まれる成分は美容に不可欠なのでいっぱい食べていますね。

年がら年中、日焼け止めクリームは顔に塗る

Filed in スキンケア 年がら年中、日焼け止めクリームは顔に塗る はコメントを受け付けていません。

「絶対に、日焼けしない。」とまでは思っていませんが、本来は紫外線に当たらないようにいつでも気を配っているつもりです。

そんな訳で年がら年中、日焼け止めクリームは顔に塗るようにしているし、直射日光が気になるこれからの時季は朝から日がさが必要になります。

元来(わたしが言うのも恥ずかしいですが)わたしはかなり色白の方なので、他の人たちよりしみとかソバカスが一際目を引くし、歳を考えるとお肌の潤いが減ってきていることを自分でも実感しているので、ドライ肌の原因となる直射日光には当たらないように気を付けています。

また、保湿をきちんとして、お肌の為にほぼ毎日、定期的にビタミンCほか病院で処方してもらったクスリも服用しています。

あれこれとお金がかかりますが、現在の私の歳に合わせていろいろとやっていかなければいけないことがあることは当たり前のことですし、どうにもできない事と諦めるつもりはないのでできる限り、わたくしなりに今の時点でできることをあれこれ頑張っています。

どうしても、若々しく見られたい訳でもないのですが、同年齢の女友達にわずかでもリードしていたいという本音もあるにはあるので。

潤い不足は肌に大ダメージを与えます。

肌がかさついてくると、色々と悪影響が出てきます。

ヒリヒリしたり赤くなったり悲惨な肌状態になることもありますよね。

そうして、角層が硬くなっていき、硬くなると基礎化粧品の吸収力が低下します。

何か塗って治そうとしても角質肥厚の状態だとなかなか効かないなんてことも。

「乾燥」による肌荒れを起こすと、より荒れてくるだけでいいことはないのです。

乾燥肌を潤す方法としては、お風呂に入ったあと、少し濡れた状態のまま、天然オイルを広げていきます。

濡れているので少量の天然オイルでも隅々まで塗ることが出来ます。

全身だと、500円大の分量で行き渡ります。

ボディオイルで保湿を維持させるために覆うのです。

心配な踵部分などは、さらに白色ワセリンを塗ったりもします。

フェイシャルケアも始めに保湿オイルをほんの少量広げてから美容ローションを使うと、浸透率がいいと言われてます。

そのあとは、クリームを塗ったり、もう一度オイルを塗ったりします。

メークアップベースにもオイル美容液をちょい足しして使うと丸一日、乾燥知らずでいられます。

メイクをしたあとでも、乾燥が気になる時は、美容オイルスプレーをサーッと吹き付けています。

肌がカサついてくると、保湿オイルがやっぱり役に立ちます。

美しくなりたいので余分な物は頂きません。

加えてきれいになりたいから早寝早起きをしています。

私自身が美容で努力している事というのはこの程度です。

それ以外に何かをしても三日坊主がいいとこ。

あれこれ手を出せば出すほど何もかもできなくなる性分なのです。

余計なものを食べないために外での食事は必要最低限。

ムダに外食したりそういった機会は作らないようにしています。

とくにバイキング店は避けています。

学生の頃は友達や家族との付き合いが半分で、そして半分は欲にかられてビュッフェスタイルのお店でご飯を食べていたのですがもうやめました。

そういった店で食事をしている時も自宅に帰ってきてもどういう訳かもやもやするからです。

元を取る為にお腹がいっぱいになるまで食べるのですが後悔する原因になっていました。

栄養がたくさん摂れて良かったというか「これって美容のためにならないんじゃないの?」と思う気持ちが勝り後で悔やむのです。

それなりの年齢なのでレストランなど外での食事は控えるようにしています。

最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られる

Filed in スキンケア 最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られる はコメントを受け付けていません。

とにかく「UVカット」を肝に銘じています。

もともとは焼けにくい体質なのですが本当に最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られるので日焼け防止用品はかかせません。

部屋にいても日焼けするという話なので、ごく短時間外に出るだけでもダメージを受けるらしい。

ですから朝起きる度に化粧をした後に日焼け止めをつけ、一度塗りじゃだめだから幾度となく塗っていきます。

フトン干しのときもUVカット機能のあるパーカーに袖を通しています。

ぶっちゃけ夏なんかハーフ袖のまんま出歩きたいところなのですが、1回の外出でも薄らと日やけしてしまうのはもったいないので辛抱しています。

また入浴中にちゃんと日やけ止め専用のクレンジングを使うこと。

親友に尋ねたらサンスクリーン剤は使ってもこれをちゃんと取れる品は使用していないっていう方が沢山いるとのこと(「サンスクリーン」でさえも塗ってないっていう方がいることに仰天したけれど)

バスタイムが終了したら高保湿のクリームを塗る。

安いボディ用のクリームですが何もしないよりも肌状態が整います。

三十路を過ぎアラフォーになってから、肌が老けてきたなと思ったので、積極的に老化防止対策をする事にしたのです。

少し前から使っていたお化粧品がお肌にしっくりこないと感じたので、四十代に人気の高保湿化粧品に変えたのです。

そうしたら肌にスッと溶け込んでいく感じで、口周りや目の周りの乾燥で悩む事がなくなりました。

シワが増えないためには、肌の潤いを守る事が大事だと思います。

四十歳目前にして、お腹がポッコリとしてきて、太ってきたので運動しようと思いました。

知り合いにホットヨガ教室に誘われて通ってみる事にしたのです。

十分に汗をかくと心身ともにすがすがしいです。

便秘も良くなり毎朝スッキリできるので、体重もじょじょに減少していきます。

代謝が良くなり太りにくいからだに変わってきたのかなと思っています。

おばさん体型にならないように、からだを動かす事も重要なのだと感じました。

40歳を目前に、最近顔にシミが徐々に見えてきて、何もしないと際立ってしまいそうな気がしてこの頃、気掛かりなのです。

美容の記事で、色素沈着は化粧落としやフェイスウォッシュ時に力を入れてこすっちゃうからみたいだと分かって、優しくやるように心掛けております。

ゴシゴシだけが原因ではなく、肌が弱いと顔周りの毛が突くだけでも良くないって話でした。

顔周りの毛を取り除く指でさえも刺激になるそうです。

こんなにも些細な刺激でと、ちょっと動揺してしまいました。

ですから、お顔にシミが出来る様な事はなるべく控えるように、顔を洗うときはリキッド洗顔料をしっかりとモコモコにしてから優しく摩擦に気を付けながらフェイスウォッシュしています。

クレンジングもゴシゴシタイプは使わないようにしました。

無論、メイクするときにも心配りが必要です。

たとえば頬紅とか利き手がわのほうが、勝手に強いパワーでやっているようなので、わざと優しく化粧を施しています。

乾燥の季節が来てしまった

Filed in スキンケア 乾燥の季節が来てしまった はコメントを受け付けていません。

毎年冬は本当にひどい乾燥肌で、お風呂上りのスキンケアは特に時間をかけて行っています。

お風呂から上がったらすぐに体中の乾燥が始まり、そこかしこが痒くなってきます。部屋には高級加湿器、美顔器も手放せません。

 

スキンケアで気を付けていることは、必ず洗顔後は3分以内に化粧水をつけることです。髪を乾かしたりなどの顔意外のことは基本的には後回しです。

 

そして安い化粧水でも良いので化粧水はもったいぶらずにバシャバシャつける。これに限ります。何度も重ね付けすることにより段々化粧水が浸透し、翌朝の化粧乗りが全く違います。

 

スキンケア用品のブランドにはこだわらず、自分が良いと思ったものを使っています。安いものも口コミが良いものはどんどん試します。

そうすることで本当に自分の肌にあう化粧品に出会えるのではと考えています。

 

本当は顔のスキンケアと一緒にドライヤーや足、腕の保湿もできたらどんなに良いかと毎日考えていますが、やはり露骨に年齢が出るのは皮膚の薄い顔や首などでどうしようもないですね。

最近はまっているもの

Filed in スキンケア 最近はまっているもの はコメントを受け付けていません。

私が最近はまっているスキンケア用品は、ニベアの青缶です。

 

ネットで話題になっているのを見て、値段も安いし、もし肌に合わなくてもハンドクリームとしても使えるだろうし、やって見ようと思いさっそくドラッグストアへ行きました。

ニベアの青缶と言っても私が最初に買ったのは青チューブです。

用量が缶よりも少ないので、お試しにちょうどよいと思います。

衛生面から見ても缶よりチューブのほうが使いやすいかもしれません。

 

私がまず試したのはニベアのパックです。クリームをたっぷり、白く見えるくらい厚めに顔全体に塗り広げ、放置します。

その後、洗い流すか、コットンで拭き取ると肌がモチモチになります。

私はよくお風呂につかりながらパックしています。

 

そして、化粧水の後にもニベアクリーム。

うすく顔全体に馴染ませます。これで翌日にはふわふわでもっちりした肌になれました。

 

ちなみにニベアクリームを塗った状態で日焼けをするのはよくないそうなので、朝のスキンケアには使わないようにしています。

シンプルの良さに気付いてからは絶好調!

Filed in スキンケア シンプルの良さに気付いてからは絶好調! はコメントを受け付けていません。

スキンケアで気を付けていることは、泡洗顔と保湿、この二つだけ。

 

夜は洗顔料をよく泡立てて洗顔した後、多めにクリームを塗る。朝はぬるま湯のみで洗顔後、クリーム、日焼け止めの順に塗布する。

普段はノーメイクなのでこれだけ。

 

「朝も洗顔料を使わないとダメ」「化粧水は?」などいろいろ意見もあるようですが、取り入れるかはあなた次第!

私には、スキンケアにはあまり時間もお金もかけたくない、でもそこそこの肌は保ちたい、と少々都合の良い思いがありました。

これまでいろいろ試した結果、今のシンプルなスキンケアに行き着きました。

 

泡で汚れを落としてクリームで乾燥から守る。

日焼け止めで紫外線によるダメージを防ぐ。

これだけですが、敏感肌の私でもトラブルはありません。

 

以前、美容室でメイクをしていただいた時に「肌が綺麗ですね」と褒められました。

今のスキンケアが肌に合っていると実感した瞬間です。

 

せっかくお金と時間をかけても、シワを増やしたりお肌のキメが荒くなってしまっては逆効果です。

価格に惑わされず、自分の肌に合う化粧品を選び、無理のないスキンケアを続けることが美しい肌を作るんじゃないかな、と思います。

 

手をかけ過ぎるより、程々のお手入れの方が肌本来の力を引き出すような気がします。

親子関係と似ていますね。

TOP