Home > スキンケア > 最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られる

最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られる

とにかく「UVカット」を肝に銘じています。

もともとは焼けにくい体質なのですが本当に最近の夏季は日差しが強くて不安を煽られるので日焼け防止用品はかかせません。

部屋にいても日焼けするという話なので、ごく短時間外に出るだけでもダメージを受けるらしい。

ですから朝起きる度に化粧をした後に日焼け止めをつけ、一度塗りじゃだめだから幾度となく塗っていきます。

フトン干しのときもUVカット機能のあるパーカーに袖を通しています。

ぶっちゃけ夏なんかハーフ袖のまんま出歩きたいところなのですが、1回の外出でも薄らと日やけしてしまうのはもったいないので辛抱しています。

また入浴中にちゃんと日やけ止め専用のクレンジングを使うこと。

親友に尋ねたらサンスクリーン剤は使ってもこれをちゃんと取れる品は使用していないっていう方が沢山いるとのこと(「サンスクリーン」でさえも塗ってないっていう方がいることに仰天したけれど)

バスタイムが終了したら高保湿のクリームを塗る。

安いボディ用のクリームですが何もしないよりも肌状態が整います。

三十路を過ぎアラフォーになってから、肌が老けてきたなと思ったので、積極的に老化防止対策をする事にしたのです。

少し前から使っていたお化粧品がお肌にしっくりこないと感じたので、四十代に人気の高保湿化粧品に変えたのです。

そうしたら肌にスッと溶け込んでいく感じで、口周りや目の周りの乾燥で悩む事がなくなりました。

シワが増えないためには、肌の潤いを守る事が大事だと思います。

四十歳目前にして、お腹がポッコリとしてきて、太ってきたので運動しようと思いました。

知り合いにホットヨガ教室に誘われて通ってみる事にしたのです。

十分に汗をかくと心身ともにすがすがしいです。

便秘も良くなり毎朝スッキリできるので、体重もじょじょに減少していきます。

代謝が良くなり太りにくいからだに変わってきたのかなと思っています。

おばさん体型にならないように、からだを動かす事も重要なのだと感じました。

40歳を目前に、最近顔にシミが徐々に見えてきて、何もしないと際立ってしまいそうな気がしてこの頃、気掛かりなのです。

美容の記事で、色素沈着は化粧落としやフェイスウォッシュ時に力を入れてこすっちゃうからみたいだと分かって、優しくやるように心掛けております。

ゴシゴシだけが原因ではなく、肌が弱いと顔周りの毛が突くだけでも良くないって話でした。

顔周りの毛を取り除く指でさえも刺激になるそうです。

こんなにも些細な刺激でと、ちょっと動揺してしまいました。

ですから、お顔にシミが出来る様な事はなるべく控えるように、顔を洗うときはリキッド洗顔料をしっかりとモコモコにしてから優しく摩擦に気を付けながらフェイスウォッシュしています。

クレンジングもゴシゴシタイプは使わないようにしました。

無論、メイクするときにも心配りが必要です。

たとえば頬紅とか利き手がわのほうが、勝手に強いパワーでやっているようなので、わざと優しく化粧を施しています。

Comments are closed.

TOP